クラゲが居る生活にようこそ!日常の出来事を紹介、JellyClub Homepageより一足早く情報発信しています。

クラゲとふわふわ

topimg

特定のタグがついた記事

 無事、プラヌラから走根が伸びポリプが出芽したが、上手く育たず萎縮してしまう、餌が摂れないのか?飼育温度なのかな?
ちょっと長いので、今までの最高の1200倍速で編集しています。 

※ 途中で、走根全体が拍動し、水管から栄養を送っているのが解り易い様に速度を下げています。

 これまでは、コンパクトデジカメで撮影していた動画を基準にしていたので、解像度が640X480
だったが、今後コマ撮り画像は、4倍の1280X960で掲示するようにする。

 今回の解像度を変えての撮影は、10/18日の徳利型のポリプからの続きで、10/21から10/28日までの
1週間分を掃除や水替えでの撮影中断時を除き、全てを600倍速で編集している。

 解像度が上がった事で、顕微鏡をリアルタイムで覗いても今までは見えなかった、微生物の動き
が見える、ポリプの表面にも微生物が付いていて、ポリプからの排泄物や、食べ残しのアルテミアなどを
食べているのが見える、ポリプも、この微生物を食べているようにも見える、特に10/22の6時頃から、
ポリプが吸い込もうとしているアルテミアの死骸を、微生物も群がって食べようとして、競争になって
いるのが面白い。

【動画】 YouTube

10/18 10時頃 口が1個の徳利型のポリプから続く
////
10/21 18時頃 フラスチュールを1個体遊離
10/22 0時頃 アルテミアを3個体捕食
10/22 7時頃 食べられなかったアルテミアを他の微生物が食べている
10/22 21時頃 フラスチュールを1個体遊離
10/23 0時頃 フラスチュールを1個体遊離
10/23 8時頃 ポリプの口が増える様子が無かったので観察を中止

10/23 8時頃 口が1個の別のポリプに変更して撮影を継続
10/23 9時頃 アルテミアを1個体捕食
10/23 10時頃 ツリガネムシのような柄を持つ生物がポリプ表面に付き始める
10/23 12時頃 アルテミアを1個体捕食
10/23 22時頃 口が1つ出来始める、合計2個
10/24 23時頃 口が1つ出来始める、合計3個
10/26 2時頃 アルテミアを2個体捕食
10/26 6時頃 アルテミアを1個体捕食
10/26 22時頃 フラスチュールを1個体遊離
10/27 23時頃 フラスチュールを1個体遊離
10/28 0時頃 アルテミアを1個体捕食
10/28 2時頃 アルテミアを1個体捕食
10/28 8時頃 アルテミアを1個体捕食

10/28 23時頃 ポリプの口が増える様子が無かったので観察を中止

 このポリプは、1群体(3個虫からなる)で分裂しないで一種の群体を
形成したもの、と久保田信先生*からご教示を頂きました、有難う御座います。

  久保田信先生*:京都大学 フィールド科学教育センター瀬戸臨海実験所 准教授

 以前からの観察結果と殆ど変わるところは無いが、フラスチュールからポリプへ変態する境目が
ハッキリ解らないので、徳利型で口が1個のポリプを初期ポリプと考えると、3日程で口が4~5個
になり、以後増えずに安定(成熟ポリプ?)し、フラスチュールを出芽し始めるようだ。

 同じ容器内の様子を見てみると、フラスチュールからポリプに変態し、口が複数になっている
ものが16個体、細長いフラスチュールが32個体見つかった。

複数の口が付いたポリプ






 ポリプの成長に付いては、今まで観察した状況と変わらないので、コマ撮りによる観察は中止し、先ずはポリプを増やす事に専念したいと思います、有る程度増えたところで、ポリプを染色し、フラスチュールを出芽する時に、糸状のものが付いているのか確認する予定です。

 マミズクラゲのフラスチュールを900倍速で間欠撮影した。

 蠕動(ぜんどう)運動で動いている、早く動いているように見えるが1時間で1mm程度だ、肉眼
でリアルタイムには動いているのが解らない。

 タイムスタンプで、10/12/ 10:06頃に小さな節足動物を食べている、この部分は速度を遅くし
ているが解りますか?
 この時点で遊離してから4日経つ、海産のプラヌラでも、水温等の環境条件の影響かも知れ
ないが、直ぐにポリプになる個体と1週間以上動き回って、体力が尽きたのか消滅する個体が
有る。
 今回は、途中で脱塩した冷凍コペをすり潰し与えていた、10/9 20時ごろ進行方向後ろ側で
口が開いているように見える、10/10 20時過ぎには口の周りに触手が有るように見える、10/11
 8時過ぎにはすり潰した餌を食べている様に見える。

 正式な論文を読んでいないので解らないが、ネット情報によると、フラスチュールは動くが、
ポリプは動かない、フラスチュールはソーセージ型で細長く、ポリプの口盤側はネギ坊主のよう
に丸くぶつぶつしていて、全体はお銚子や一輪挿しの花瓶のような形だと書かれていた。

 この動画の状況を見ると、フラスチュールは、ポリプになった時に足盤側に相当する部分を
先頭に、蠕動運動で動いている、ポリプも状況によっては動くようだが、フラスチュールとポリプ
の違いがこの実体顕微鏡の倍率では良く解らない。

 ポリプに変態してまだ間もない小さなポリプだが、自分よりも大きなアルテミアを食べている。

 同一個体を追いかけています、最初に掲示した元のコロニーは、その後4個体のフラスチュ
ールを遊離しました、この個体の追跡は継続し、次の目標は、この単体のポリプがどのように
コロニーになっていくのか、胃腔を共有しているのかを観察していきます。 つづく・・

 マミズクラゲのポリプの捕食の様子を900倍速で撮影した。

 マミズクラゲのポリプは、足盤側基部よりポリプを出芽、ポリプ中央付近よりフラスチュールを
出芽、クラゲを出芽の3パターンが有るらしい。

 今回のポリプを見ると、何らかの有機物の周りに、4個体のポリプが付いているように見えるが、
ポリプは繋がっていて、胃腔も共有していると書かれているサイトが有る。

 マミズクラゲのポリプは一般的なポリプと外部形態的にも異なっているし、全く知識がないので
少しずつ確認出来ればと思っている。

 肉食のミジンコはポリプをかじるとの事なので、 先ずは、脱塩した冷凍コペをすり潰して与えて
みた、食べているようだが胃腔に溜まる量が少ないので、アルテミアを与えてみた、栄養強化して
いるので孵化直後ではなく、孵化して半日経過している。

 各ポリプは1個体以上のアルテミアを食べて、オレンジ色になっている。

 ポリプに触れるよう、過剰にアルテミアを与えたが、真水で洗浄後マミズクラゲの飼育容器内でも
長時間生きているのに驚いた、しっかり食べたようなので、すべての残ったアルテミアを掬い取り
換水し、48時間以内に何らかの出芽が起こるようなのでそれに備えた、つづく・・・

 ミズクラゲの初期ポリプは非常に小さいです、自然界では、多くの微生物が居るでしょうが、
飼育下ではアルテアしか与えていないので、食べられるサイズではなく、どうしているのか
気になっていました、前からプラヌラも食べていると聞いていましたが、なかなか確認する機会
も有りませんでした。

 顕微鏡で追いかけても、プラヌラは非常によく動くので、着底しポリプに変態していくタイミング
を見つけるのは大変難しく、直ぐに視野外に出てしまいます。

 ようやく、変態する瞬間の個体を見つけましたので、間欠撮影で状況を追ってみました。


           ※ 間欠撮影で600倍速になっています。

 サイズ比較のために、2か所アルテミアをモンタージュ合成した部分が有ります。

 一つ動かなくなったプラヌラを見つけて様子を見ています、間欠撮影なので、目にも止まらない速度で
プラヌラが動いています、プラヌラを捕まえて食べている様子が解りますか?モグモグと食べて、ポリプが
だんだん大きくなっています。

 先に変態したポリプの足盤側にプラヌラが付き、ポリプに変態しようとしています、ポリプになり始めて
自分の体と同じ位のプラヌラを捉えて食べているのが見えるでしょうか?

 シャーレに入れて撮影しているので、水分が蒸発しないようにラップをかけています、長時間の撮影
では、徐々にラップの内面が曇ってきます。

�u���O