クラゲが居る生活にようこそ!日常の出来事を紹介、JellyClub Homepageより一足早く情報発信しています。

クラゲとふわふわ

topimg

Jelly Cube RC-02ユーザー様から頂いた再生の記録

2014/11/13 (木) 12:45:35

 先日掲示しましたRC-02水槽ユーザーの遠矢様から、ミズクラゲの再生について、下記の文と共に画像が送られてきました、有難う御座います。

== 記 ==
先日注文させて頂いた冷凍コペですが、とても重宝しております。
 
おかげさまで、生餌を与えていた時よりも世話の時間をかなり節約
することが出来ています。
また、栄養価も高いことを実感しています。
   
というのも、口腕から胃袋まで、傘からごっそり取れてしまったミ
ズクラゲでも復活することが出来ました。
少しでも胃袋が残れば、再生できることが分かり驚きました。
もしかしたら当たり前のことなのかもしれませんが、その様子の動
画と写真ファイルを送付させてください。
   
千切れた口腕側にも胃袋が残っており、エサをどうやら消化できて
いる?ようなので(1週間経っても縮んでないので機能している?
?)
水槽に入れっぱなしにしていますが、この後どの程度もつのか観察
しています。
   
クラゲ飼育は楽しいですね。
== 以上 ==

遠矢様の許可を得て1本の動画に繋げました。

【動画】YouTube (全画面モードで見て下さい)

 クラゲを混泳させて飼育している珍しい例です。
 ミズクラゲの口腕が離脱して6日間の再生を記録したものです。

 初日の映像を見ると、傘と口腕の2つのパーツに分かれていますね、傘は厚くなり口腕が離脱した跡が開いていて、口腕の一部の裂けた残りが付いているようです、口腕基部の胃腔との境の薄い部分が裂けて離脱したのでしょうか?拍動の様子は、傘縁がフラフープを回しているように回転しています、口腕側を見ると生殖腺が4つ付いています。

 2日目は口腕側が餌を食べている様子と、傘側にも3ヵ所餌が溜まっている場所が有ります、胃腔の部分でしょうか?

 3日目には、傘部は既に口腕が伸びて口腕基部は塞がっているように見えます、早いですね、口腕部は生殖腺が4つ見えていた部分が小さくなり解り辛くなっています。

 4日目には、傘部の口腕が少し幅広くなり、胃腔の形ははっきりしませんが、一瞬傘表面側から4つの胃腔が形成されようとしているように見えます。

 6日目には、傘部がほぼ再生したようで、拍動も正常になり初日と比べて回数も多くなっているようです。

 ミズクラゲの飼育をしていると、口腕が離脱したり、傘が薄くなって裂けたりする事が有ります。
 クラゲは溶けて水になると言われる事が有りますが、ミズクラゲはそう簡単には溶けず、最低数日はダメージを受けて分離しても、拍動が続く事が有ります。

 必ず再生する訳では有りませんが、傘側は拍動をしっかりしていれば再生する確率が高いです、口腕側が再生したのは見た事が有りませんが、特に変化が無いまま、摂餌し1ヶ月程度は生き続ける事が多いです、ただ、一般的には、温度を下げて拍動を邪魔しない程度に浮遊させ、代謝を抑えた状態の方が再生はし易いです。

 今回の場合は、カクレクマノミやサカサクラゲ、カラージェリーなど暖かいところに生息する生物と一緒なので、ヒーターが入っていますし、元気なカラージェリーに当たるかも知れませんし、難しい環境だったと思います、水質の管理など、よく観察されて飼育されているのだと思います。

 本当に、クラゲは不思議な生き物です、多少のダメージを受けても、水を新鮮に保ちよく観察して、諦めずに対応して見て下さい。

 以下に、過去に掲示した特別の例を再度掲示します、この例では胃腔部が完全に無くなり、傘に貫通口が開いた状態から約2ヶ月での奇跡的な再生です。

クラゲのふしぎ(その2)2012/10/24 (水)
http://microbase.jp/fuwafuwa/?p=4448
クラゲのふしぎ(その3)2012/10/27 (土)
http://microbase.jp/fuwafuwa/?p=4465
クラゲのふしぎ(その4)2012/10/31 (水)
http://microbase.jp/fuwafuwa/?p=4471
クラゲのふしぎ(その5)2012/11/9 (金)
http://microbase.jp/fuwafuwa/?p=4492
明けましておめでとう御座います。2013/1/2 (水)
http://microbase.jp/fuwafuwa/?p=4533

コメント

コメント/トラックバックはまだありません

トラックバック

コメントをどうぞ

�u���O