クラゲが居る生活にようこそ!日常の出来事を紹介、JellyClub Homepageより一足早く情報発信しています。

クラゲとふわふわ

topimg

Jelly Cube RC-02ユーザー様から頂いた飼育動画

2014/10/24 (金) 18:27:40

 弊社水槽ユーザの遠矢様から、ミズクラゲ配布の礼状と共に、タコクラゲ、サカサクラゲ、
カクレクマノミと混泳させているとの連絡を受けたので、飼育動画を送って頂いた、珍しい
映像を有難う御座います。

 クラゲは、別種との混泳が難しく、余り飼育例を聞いた事が無い。

 経過説明を伺うと、タコクラゲ、サカサクラゲ、カクレクマノミを9月中旬から飼育を
始め、1ヶ月を過ぎたが変わりなく元気との事、タコクラゲは薄い透明なピンク色だっ
たのがこの色に変わったらしい、タコクラゲと書かれているのはカラージェリーの様
だ、ミズクラゲを配布してからは、1週間弱経過している。

 動画を見ると確かに混泳している、飼育生物で難しいのは、自然界と比べて圧倒的に
生物密度が高いので、餌の奪い合いや、攻撃を受けたり、何らかの危害を受ける事だ、
カクレクマノミはイソギンチャクと共生するので、刺胞毒には強いのかも知れない。

 飼育生物全般に言える事だが、飼育下では餌は不足気味の方が良い、クラゲの
場合は、大食漢なので不足気味と言っても、魚類と比べると遥かに多く与える必要が
有る、幸い、共生藻を持つクラゲは光合成による栄養の方が良いらしく、光さえ十分
に有れば余り餌を与えなくても元気だ。

 この動画を拝見する限り、アルテミアは十分ミズクラゲの胃腔に溜まるほど食べてお
り、餌不足は問題ないと思われる。

 かなりの世話をされていると思う、余り混泳はお勧めは出来ないが、自然界のように
他の生物と一緒に飼育されたい方は、十分な世話を覚悟したうえで飼育して下さい。

コメント

コメント/トラックバックはまだありません

トラックバック

コメントをどうぞ

�u���O