アカクラゲ


 今回の飼育個体は、採集当時色素胞が薄く、放射管や胃腔が透けて見える
程度だったが、育つに従い、不完全ながら条紋が現れ始めた、6ヶ月ほど
経過してからは、餌をアルテミアからフィールドで拾ってきたミズクラゲの
欠片を冷凍保存し、当該個体の2/3程度の大きさを与えている。
 殆ど、採集時と大きさは変わらないが元気に泳いでいる。

 口腕や触手が長く、当水槽には向かないかと思っていたが、成長しなくても
元気で泳いでおり、泳ぎ方もクラゲらしいので、当水槽に向いている。

画像をクリックすると拡大します、ブラウザの戻るボタンで元に戻って下さい。

飼育開始時

2009/3/21採集

動画



飼育開始68日後


動画



飼育開始188日後

動画
 飼育開始後、約半年になるが元気だ。


飼育開始193日後

 前々日より、傘の一部が欠けて切れ込みが出始めたが、急激に悪化し始めている。



飼育開始195日後


 切れ込みが深くなり、口腕の一部が取れ始め、とうとう団子状になってきた、
残念ながら回復せず、これだけ生きれば寿命と思われる。


※【動画】はWindows Media 9 Seriesで最適化しています。
  画像をクリックすると動画が別窓で再生されます。


Copyright (C) 2009- Microbase Inc. All Rights Reserved.