ウリクラゲ


櫛クラゲの仲間です、照明を当てると櫛板に当たった光が分光し、美しく光るクラゲ。
柔らかく、流れが無いと沈むか浮いたまま、流れの与え方が難しいクラゲだが適応出来そうだ。
カブトクラゲよりも透明度が低く、フィールドでは見つけ易い。
名前の通り、断面が丸くウリの形をしている、口は小さいが、餌を捕まえると大きく開く。
難点は、クラゲ食のクラゲで、餌には、カブトクラゲやチョウクラゲが良く反応するが、
餌のクラゲを確保するのが難しい、代用餌の検討中
 また、櫛板の動きで泳ぎ、緩やかに流れる様に動く為遊泳力は弱く、大型の個体は隔壁
メッシュに近づくと、吸寄せられ一瞬でメッシュを塞ぎ、更に強い力でメッシュに押し付
けられ、メッシュ模様が付き一部が破断する。



画像をクリックすると拡大します、ブラウザの戻るボタンで元に戻って下さい。





Copyright (C) 2009- Microbase Inc. All Rights Reserved.