オワンクラゲの仲間


ノーベル賞で有名になったオワンクラゲの仲間です。
この個体は、まだ小さく十分成熟していなので、同定が難しく、
放射管の数と触手の数の比からは、オワンクラゲの様にも見えますが、
オワンクラゲかヒトモシクラゲか微妙です。
刺激を与えたり、紫外線の特定波長で触手基部付近が緑色に光ります。


画像をクリックすると拡大します、ブラウザの戻るボタンで元に戻って下さい。



[動画] Windows Media 9 Seriesで最適化しています。
ミズクラゲと混泳しています、触手の長い1個体です


画像をクリックすると動画が別窓で再生されます。

Copyright (C) 2009- Microbase Inc. All Rights Reserved.