マミズクラゲ


 池にすむ淡水のクラゲ、突然現れて、その後は見つからないケースや、
毎年発生する池も有り不思議なクラゲ、探せば近くの池や貯水池、防火用水
など、まだまだ見つかるかも知れません。

 昨年は、マミズクラゲは回転流よりも、流れの無い深め水深が向いていると
評価しましたが、2009年の採集個体を見ると、この水槽でも飼育条件を詰めて
行けば飼育可能だと思います。



2008年の採集個体
画像をクリックすると拡大します、ブラウザの戻るボタンで元に戻って下さい。



【動画】Windows Media 9 Seriesで最適化しています。

見辛いですが、触手は傘の上に向いています


画像をクリックすると動画が別窓で再生されます。



2009年の採集個体




 浮遊している時や、軽く泳ぐ時には、触手を傘の上側に向けた特徴的な格好をして
いますが、力強く泳ぐ時には、他のクラゲのように、触手は傘の下側に向きます。

 このクラゲは、金魚の様に水面から見ても綺麗だ。

【動画】Windows Media 9 Seriesで最適化しています。


 このクラゲは、兵庫県/三田産です。

飼育観察例

画像をクリックすると動画が別窓で再生されます。



自家繁殖個体
Blogはここをクリック:マミズクラゲ(成体)の養殖は難しい


2015年の採集個体


放卵している個体
Blogはここをクリック:2015年のマミズクラゲ



クラゲの出芽


マミズクラゲのポリプ
Blogはここをクリック:マミズクラゲの計画発生(その1)

Copyright (C) 2009- Microbase Inc. All Rights Reserved.