カミクラゲ


触手が多く、髪の毛のように見えるところから名づけられたクラゲ。
泳ぎだすと遊泳力は強く結構速いが、ゆったりと漂っているときは触手を伸ばす。
口は大きくよく餌を食べる、冬場のクラゲなので水温に注意する必要が有るが、
比較的飼育し易いクラゲです、まだ、生活史が完全に解かっていない。
撮影個体はまだ幼く、枝状の盲管や生殖腺もまだ発達していない。
早春の代表的なクラゲ、神戸では1月から5月頃まで見られます。


画像をクリックすると拡大します、ブラウザの戻るボタンで元に戻って下さい。



[動画] Windows Media 9 Seriesで最適化しています。

泳ぎだすと早いが、ゆったりと漂っている時は触手を伸ばし美しい。

画像をクリックすると動画が別窓で再生されます。


飼育観察例
ブラウザの戻るボタンで元に戻って下さい。

Copyright (C) 2009- Microbase Inc. All Rights Reserved.