ベニクラゲ(北日本型)


寿命を迎えても、萎縮して沈んだクラゲから走根が伸び、
ポリプが出来てクラゲに戻る、若返る不思議なクラゲ。
北日本型と南日本型があり、見た目はかなり違う、南日本型は神戸でも採集
出来るが、一夏に数個体程度で、胃腔部分がオレンジ色、傘のサイズも5mm
位、北日本型は、福島県の沿岸部には大量発生し、胃腔部分が紅色で傘のサイズ
も大きな個体は15mm程になり、フルーツゼリーが浮んでいるようで可愛いい
遊泳力は強く、飛び上がったり、触手を広げてフワリと漂ったりする。

ベニクラゲについて詳しくはこちら

画像をクリックすると拡大します、ブラウザの戻るボタンで元に戻って下さい。




[動画] Windows Media 9 Seriesで最適化しています。


画像をクリックすると動画が別窓で再生されます。

飼育観察例
ブラウザの戻るボタンで元に戻って下さい。

このクラゲは福島県産です、jfishの北田博一様に戴きました、有難う御座いました。

Copyright (C) 2009- Microbase Inc. All Rights Reserved.