Jelly Clubへ
ようこそ







Since: 2009/08

Last Edit

【更新内容】
・ベントス水槽を扱う事にしました。(2017/09/20)

・ベニクラゲの販売予約を始めます。(2017/09/09)

・休業日のお知らせ(2017/07/17)

・掲載動画を更新していきます。(2017/05/18)

・配布待ちのミズクラゲの動画を更新しました。(2017/04/12)

・TAGの編集・動画の追加など。(2017/04/09)

・ページの配置を変えました。(2016/11/28)

・クラゲの生体販売を始めました。(2016/09/10)

・自家繁殖個体の販売の予約開始(2016/09/03)

・産直販売の予約開始(2016/08/19)

・休業日のお知らせ。(2016/07/07)

・アマクサクラゲの試験配布(2016/7/5)

・クラゲの配布方法をコレクトのみにしました。(2016/07/02)

・スタートキットC型を追加しました。(2016/02/03)

・クラゲのモビールを販売しました。(2016/02/03)

・拍動率変換をアップしました。 (2015/11/01)

・オンラインショップのシステムをアップデートしました。(2015/08/31)

・オンラインショップに栄養強化剤を追加しました。(2015/06/06)

・配布用のミズクラゲの動画を更新しました。(2015/06/04)

・アルテミア乾燥卵の産地をソルトレーク産に変更しました。(2015/04/23)

・配布用のミズクラゲの動画を更新しました。(2015/01/05)

・ブログを移転しました。(2015/01/03)

・JellyClub ヤフー店オープンしました。(2014/12/15)

・配布用のミズクラゲの動画を更新しました。(2014/08/30)

・送料を訂正させて頂きました。(2014/05/01)

・配布用のミズクラゲの動画を更新しました。(2014/04/27)

・宅急便の大幅な運賃改定により、送料を変更させて頂きます。(2014/04/25)

・ネットショップは新税制対応で改訂しました。(2014/04/01)

・サーバーメンテナンスがまだ不完全。(2014/01/29)

・冷凍コぺと屈折式海水濃度計を販売しました。(2014/01/24)

・サーバー停止の予告。(2014/01/22)

・配布待ちクラゲの情報を更新しました。(2014/01/02)

・新型の照明器具・クーラーを扱い始めました。(2013/06/06)

・HCシリーズ水槽をオンラインショップに掲示しました。(2013/03/07)

・新着情報にRC-01水槽販売終了を掲示しました。(2012/12/13)

・新着情報に連絡が取れない場合を掲示しました。(2012/11/28)

・その他の項目に待機中のミズクラゲを更新しました。(2012/10/24)

・ソーラー水温計を扱い始めました。(2012/09/22)

・クラゲの配布費用の支払いをコレクト(着払い)のみに変更しました。(2012/08/17)

・新着情報に、RC-02をRC-01の後継機種として、RC-01廃番のお知らせ(2012/07/20)

・その他の項目に待機中のミズクラゲを更新しました。(2012/7/1)

・新着情報のページを設けました。(2012/06/04)

・入門用小型ガラス水槽 Jelly Cube RC-02を発売しました。(2012/04/11)

・その他の項目の待機中のサカサクラゲを更新しました。(2011/12/06)

・その他の項目に待機中のミズクラゲを動画で掲示しました。(2011/11/18)

・クラゲの配布方法を追加しました。(2011/11/16)

・その他の項目の待機中のクラゲを更新しました、タコクラゲの配布は終了しました。(2011/11/01)

・その他の項目にミズクラゲの配布再開のお知らせを掲示しました。(2011/10/24)

・その他の項目にミズクラゲの配布停止のお知らせを掲示しました。(2011/09/26)

・その他の項目に待機中のミズクラゲを動画で掲示しました。(2011/06/10)

・その他の項目に待機中のミズクラゲを動画で掲示しました。(2011/3/17)

・その他の項目に待機中のアカクラゲを動画で掲示しました。(2011/2/22)

・その他の項目に待機中のミズクラゲを動画で掲示しました。(2010/12/03)

・小型ガラス水槽 Jelly Cube RC-01を発売しました。(2010/11/25)

・その他の項目の掲示板を休止しました。(2010/10/27)

・その他の項目に待機中のミズクラゲを動画で掲示しました。(2010/8/30)

・その他の項目に待機中のミズクラゲを更新しました。(2010/7/28)

・その他の項目に試作中型水槽を掲示しました。(2010/6/23)

・その他の項目に待機中のミズクラゲを更新しました。(2010/6/12)

・その他の項目に待機中のミズクラゲを更新しました。(2010/5/18)

・その他の項目に待機中のミズクラゲを更新しました。(2010/3/23)

・その他の項目に待機中のミズクラゲを更新しました。(2010/2/23)

・その他の項目の構成を変更しました。(2010/2/19)

・その他の項目に待機中のミズクラゲを更新しました。(2010/2/2)

・その他の項目に待機中のミズクラゲを掲示しました。(2010/1/14)

・ウリクラゲの飼育評価を下げました。(2010/1/14)

・大きなチョウクラゲが採集されたので、色んなクラゲの項目に画像を追加しました。(2010/1/1)

・色んなクラゲの項目にチョウクラゲを掲示しました。(2009/12/22)






クラゲを採集するには




【場所】
 クラゲは、環境の良い自然豊かな場所にだけ居る訳では有りませんし、夏場の生物でも有りません、 結構、身近な水辺に年中います、ただ、季節によって発生する種類が異なり、水辺に接する夏場に 見掛ける事が多いだけです。

 種類によって異なりますが、一般的には遊泳力が弱いので、風向きや潮流によって流されています、 漂流ゴミが溜まり易い場所や、河口などでは見つけ易いです、大きなものは傘の直径が1m程のものから、 小さなものは1mm程のものまで居ますので、目視では発見出来ずに、プランクトンネットでようやく 見つける事が出来るものまでさまざまです。

 漁港やヨットハーバ-、ボート係留所、河口脇の突堤など足場がしっかりしていて、水面に近い 場所がいいです、その日の風向きによって、西風で吹き溜まりが出来易い場所や、東風で吹き溜ま りが出来易い場所などを探しておくと良いと思います。(浮き桟橋が有れば干満の影響で水面が 遠くなる事も無いので最高です)

 クラゲを採集して怒られる事は無いと思いますが、漁港やヨットハーバー等、施設が有る場所には、 立入り禁止等の看板が立てられている事が有りますので、注意し施設管理者の指示に従って下さい。 (近くの人に説明すれば、入れて貰える場合も有ります)

【天候・潮など】
 雨天やその翌日は余り良くないです、雨で表層の比重が下がり、クラゲが沈んで見えなかったり、 採集時に一緒に入った海水の濃度が低く、適切で無く輸送中に弱るかも知れません。

 風は、岸に向かう風の方が良い場合が多いですが、前述の様に周囲の地形により違ったり、 沖出しの風で表層が沖に流れた分、底層の水が岸辺に上がって来たりする場合も有ります。
 潮は満潮に向かっている時間の方が良いです、干潮時は、水面が低く距離が遠い事や、干潮に向 かってクラゲが沖に戻される事が有ります、ただ、場所により、干満により流れの方向が換わり、 干潮の方が良い場合も有りますので、何度か観察に行き、その場所の状況を掴む事が大切です。

【方法】
 基本的には柄杓状のもので海水と共に掬います、柄杓は水やり用の小さなもの(口径10cm)から、 農業用の大きなもの(口径40cm)まで、さまざまな物がホームセンター等で入手出来ます、それを つり用の伸縮出来るタモ網の柄や丸棒等に接続して、ガムテープで固定して使用します。

【輸送】
 持ち帰りは、タッパー容器が便利ですが、発泡スチロール等の断熱された箱や釣り用のクーラー ボックスに、種類分けをしてポリ袋に少量ずつ小分けして詰めるのがお勧めです、特に口腕や触手の 長い種類は、1個体ずつ分けて入れた方が輸送中の絡みを防げます。

 クラゲは魚類のように多くの酸素は必要とはしませんので、ポリ袋に詰めて、空気が入らないよう に縛って下さい、空気が入っていると輸送中の振動で傘の中に空気が入ったり、クラゲが壊れ易く なりますので注意が必要です。(夏場は、輸送中に水温が上がり過ぎる事が有るので、保冷材も用意 しておいた方が良いです)



Copyright (C) 2009- Microbase Inc. All Rights Reserved.